今だから知りたい!信用取引ってどんな取引?

信用取引によって得られるメリット

信用取引とは、所有している資産や株式を担保にして証券会社に自分を信用してもらい、持っている資金以上の株式投資を行うことができるようにする仕組みのことです。信用取引を行うことによって最大で自身の資産の3倍までの取引が可能になるので、うまく運用することができれば利益も3倍にすることができるというメリットが発生します。
また、通常の株式投資では安く買って高く売るのが利益を生み出す流れですが、信用取引では株価が下落した場合も利益を出す「空売り」という方法があります。空売りで利益を出すには、一時的に証券会社から株を借りてその株を売却します。そしてその株が下がったところで買い戻し、証券会社に借りていた分を返すのです。そうすることで生じた差額を自分の利益として得ることができます。

取引前に知っておきたいデメリット

所有している資産以上の取引が可能になるため、上手く運用することで大きな利益を生み出すことができるのが信用取引ですが、リスクや注意しておきたいこともあります。
まずは、取引の際に「金利が発生する」ということです。信用取引ではお金を借りて取引を行うわけですから、借りた分のお金に対しては当然金利が発生します。そして、担保を元に自分を信用してもらうので、現金か保有している株を担保に入れなくてはいけません。そこで注意しておかなければいけないのが、株を担保にした場合は「追証(おいしょう)」が発生する可能性があるということです。追証とは、担保にしている株の株価が担保に入れたときより下落してしまった場合に不足した担保分を追加で支払うことを指しています。これがあるため、株式を担保に入れる際は常に委託保証金を気にしておかなければいけません。

信用取引の金利は、各証券会社や銀行などによって異なります。そのため、金利をしっかりと確認してから、自分に合った証券会社や銀行を探すと良いでしょう。

© Copyright Start Margin Transaction. All Rights Reserved.