信用取引のメリット、デメリット

信用取引を利用するメリット

信用取引では口座に入金した証拠金以上の金額を一時的に証券会社から借りる形で取引する事ができます。資金が少なく投資用の資金として用意できる金額が少ない場合は投資の幅に制限ができてしまいます。資金不足によって投資する意思があって本来投資していたはずの投資先に投資できないのは大きな機会損失です。信用取引を使う事で資金の少ない投資家でも大きな資金を持っている投資家と同じように投資機会を無駄にせずに効率良く投資を進める事ができるのが最大のメリットです。また一時的に現金が手元に足りなくなった時でも信用取引を使って早い段階で購入するつもりの銘柄を購入する事もできるので、投資の資金繰りには便利で選択を広げてくれます。

信用取引を使うリスクとデメリット

信用取引は一時的に証券会社に証拠金以上の金額を借りて取引しているだけなので、もし証拠金を上回る損失が発生した場合は足りない分を追加で入金して補う必要があります。もし大きな損失が出て追証が発生したら支払えないような額を取引していると破産の原因にもなりかねないので、リスクマネジメントは徹底して行うべきです。また信用取引を利用する場合は現物取引と違って、手数料が発生します。本来自己資金だけで投資した場合には必要ない経費がかかるので、投資の利益は減ってしまいます。さらに返済期限がある場合は返済期限きた時点で返済が必要なので、資金が用意できなければ決済するしかありません。そのため現物取引と違って好きな時まで決済せずに株式を保有しておく事ができないデメリットもあります。

© Copyright Start Margin Transaction. All Rights Reserved.